福島県三春町の国道で5月末、地域の清掃活動中の男女2人がトラックにひき逃げされて死亡した事件で、福島地検郡山支部は30日、過失で事故を起こした容疑で逮捕された男が、実際は意図的に2人をはねたと断定、罪名を殺人罪に切り替えて起訴した。捜査関係者によると、男は被害者2人と接点はなく、「人をはねるためにトラックを盗んだ」と供述。「無差別殺人」とみられ、今後は、裁判員裁判の場で詳しい動機や事件の経緯が審理される。

 殺人と窃盗の罪、道路交通法違反(無免許運転、ひき逃げ)で起訴されたのは、住所不定、無職盛藤吉高容疑者(50)。事故直後は、自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致死)容疑で逮捕されたが現場にブレーキ痕がなく、車両の破損状態から、アクセルを踏んで加速し、被害者2人に向かってトラックを走らせていたことが県警の捜査で判明した。

 起訴状などによると、盛藤容疑者は、5月31日午前7時半頃、郡山市で知人の準中型トラック(時価約40万円相当)を窃取。約25分後、三春町山田の国道288号で盗んだトラックを無免許運転し、殺意をもって時速60〜70キロに加速して道路左側を歩いていた同町上舞木、会社員橋本茂さん(55)をはねて転倒させ、同町山田、会社員三瓶美保さん(52)はタイヤでひいて、それぞれ殺害してそのまま逃走したとされる。

 捜査関係者によると、盛藤容疑者は別の事件で5月下旬まで服役し、出所後は郡山市の知人宅に滞在。事件当日は、この知人のトラックで現場に向かい、いったん通り過ぎた後にUターンし、道路脇で前後に並んで歩いていた2人をはねた。県警の調べには、刑務所に入りたくてわざとはねたという趣旨の供述をしていた。

「時間が止まったまま」

 何の落ち度もない2人が理不尽な形で命を奪われた今回の事件。遺族や近隣住民らからは、改めて悲しみと憤りの声が上がった。

 橋本さんの長女(31)は事件翌日、橋本さんの好物だったオムレツを供えた。長女は「母は『(夫は)戻ってこないし、事件の時から時間が止まっている』と言っている。ただ、殺人で起訴してもらったことはありがたい」と静かに語った。

 三瓶さんの近所に住む女性(44)は、自分の子供たちと一緒に遊んでくれるなど面倒見が良くて優しかった三瓶さんに今でも感謝している。「あまりに突然のことで、ただただ無念です」と肩を落とした。

 事件当日、2人と一緒に現場で清掃活動をしていた男性(66)は「2人の人生を奪った事件は許せない。こんなことは二度と起きないでほしい」と語気を強めた。