米新政権と緊密に連携、日豪首脳が一致

 【シドニー=比嘉清太、池田慶太】安倍首相は14日、オーストラリアのシドニーでターンブル首相と会談した。

 両首脳は、20日に発足する米国のドナルド・トランプ次期政権と緊密に連携する考えで一致した。また、自衛隊と豪州軍が互いに弾薬を融通できるようにする新たな物品役務相互提供協定(ACSA)の署名式に立ち会った。

 両首脳は会談で、地域の平和と安定には、米国のリーダーシップと関与が不可欠だとの認識を確認した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で「(トランプ)新政権と強固に連携していく意思を確認した」と述べた。ターンブル氏も米国との関係について「密接に協力し、地域の関心事を進めていく」と強調した。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

政治の主要なニュース

政治のニュース一覧へ

12時26分更新

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索