小和田恒氏、ICJ辞表提出を首相に報告

小和田恒氏、ICJ辞表提出を首相に報告

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)の小和田 ひさし 裁判官(85)は13日、安倍首相と首相官邸で面会し、ICJに辞表を提出したと報告した。

 首相は「長い間ご苦労さまでした」とねぎらいの言葉をかけた。

 小和田氏は皇太子妃雅子さまの父。外務次官、国連大使などを経て2003年にICJ裁判官に就任し、09〜12年にはICJ所長を務めた。現在2期目で任期は21年までだが、高齢であることや、来年5月の皇太子さまの即位に伴い雅子さまが皇后になられることを考慮し、退任を決めたという。正式退任は6月初旬になる見通しだ。

 政府は小和田氏の後任に、岩沢雄司東大教授(国際法)を推す方向だ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索