IR法案、衆院内閣委で可決…自公など賛成多数

 衆院内閣委員会は15日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。法案は19日に衆院を通過する見通しで、与党は20日までの会期を7月中下旬まで延長して今国会成立を図る。終盤国会は与党が主導権を握り、野党の抵抗戦術には手詰まり感が漂っている。

 「内閣委での採決は、(委員長席を)埋め尽くして絶対にやらせない」

 立憲民主党の阿部知子・内閣委野党筆頭理事は15日の党会合で、IR実施法案の採決阻止に向けて気勢を上げた。しかし、その約2時間半後に行われた採決では、大勢の野党議員が委員長席に詰め寄って抗議するなか、法案はあっさり可決された。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索