競歩・荒井広宙「今ある力出し切る」…世界陸上

 陸上の世界選手権ロンドン大会・競歩に出場する日本勢が11日、ロンドン市内で記者会見し、13日の本番に向け意気込みを語った。

 昨年のリオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(ひろおき)(自衛隊)は「練習はすべて順調。5年前に出場できなかったロンドン五輪の場所。今ある力を出し切りたい」と話し、リオ五輪で7位入賞した男子20キロの松永大介(富士通)は「経験のためではなく、勝ちに来た」と力強く語った。(北口節子)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索