ゴルフ全米プロ、松山は1打差2位で最終日へ

 男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、米ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第3ラウンドが行われ、首位タイから出た松山英樹は1バーディー、3ボギーで回り、通算6アンダーで首位と1打差の2位に後退した。

 前日首位タイのケビン・キスナー(米)が7アンダーで首位。70位から出た小平智がこの日ベストの67をマークし、1オーバーの18位に急上昇した。谷原秀人はスコアを三つ落とし、7オーバーの64位。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索