比嘉真美子、キム・ハヌルとのプレーオフ制しV

 ゴルフ・NEC軽井沢72最終日(13日・長野軽井沢72北=6655ヤード、パー72)――比嘉真美子(23)が、通算12アンダーで並んだキム・ハヌル(韓国)とのプレーオフを制し、4年ぶりとなるツアー通算3勝目を挙げた。

 獲得賞金は1440万円。1打差の3位には大山志保と辻梨恵。イ・ボミ(韓国)は8アンダーで7位、プロデビュー戦の勝みなみは6アンダーの17位だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索