ロッテ伊東監督、今季限りで辞任へ…不振で引責

 ロッテの伊東勤監督(54)が13日、今季限りで辞任することを表明した。

 報道陣に対し、「今季は歴史的な負け方でファンを失望させた。一年一年のつもりでやってきて覚悟はしていた。責任は取る」と話した。

 伊東監督は2013年に就任し、4年間で3度のAクラス入り。だが、今季は新外国人や主力の不振で開幕から低迷し、13日現在で33勝68敗1分けの最下位。5日の楽天戦の後、球団幹部に辞意を伝え、了承されたという。伊東監督は「休養すればチームに迷惑をかけ、性格的にも途中で投げ出すことは嫌だった」とし、最終戦まで指揮を執る意向を示した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索