マーリンズ社長、球団売却合意を明らかに

 米大リーグ、マーリンズのデービッド・サムソン社長は12日、元ヤンキースのデレク・ジーター氏とニューヨークの実業家らによる投資グループとの間で、球団売却について合意したことを明らかにした。

 大リーグ公式サイトなどが報じた。今後は、オーナー会議の承認などを経て、正式に認められる。(ニューヨーク 宮崎薫)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索