新国立、五輪後は球技専用に…22年後半に運用

 政府は14日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備に向けた関係閣僚会議を首相官邸で開き、大会後にサッカーやラグビーなど球技専用のスタジアムに改修する計画を了承した。

 運営は民間に任せ、22年後半の運用開始を目指す。

 新国立は6万8000人収容の計画で建設が進んでいるが、大会終了後には陸上トラックを撤去して観客席を増設し、サッカーワールドカップ(W杯)の招致などもにらみ、8万人規模まで拡張させる。

 国が土地などの所有権を残したまま民間に運営権を売却する「コンセッション方式」を採用する計画で、19年までに公募を行い、20年秋をメドに民間事業者を選定する。契約期間は10〜30年を想定し、ネーミングライツ(命名権)の導入も検討する。コンサートなども開催できるようにして収益性を高め、民間事業者の参入を促す方針だ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索