W杯開幕戦、ロシア大勝…日本はカザンで初練習

W杯開幕戦、ロシア大勝…日本はカザンで初練習

 【モスクワ=星聡】サッカーの第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会は14日、モスクワ・ルジニキ競技場で開幕戦が行われ、グループリーグA組の開催国ロシアが5―0でサウジアラビアに大勝し、好スタートを切った。

 W杯の開幕戦で5点差以上がつくのは、1934年イタリア大会でイタリアが米国を7―1で下して以来。地元サポーターの大声援に後押しされたロシアは、序盤の先制ゴールで勢いに乗ると、終盤にも得点を重ねた。15日にはB組のポルトガル―スペインなど3試合が予定されている。決勝は、7月15日にルジニキ競技場で行われる。

 6大会連続6度目の出場となるH組の日本は14日、モスクワから東に約800キロのカザンにあるベースキャンプで初めての練習をこなした。19日のコロンビアとの初戦に向け、調整を続ける。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索