上地組が決勝へ、国枝組は敗退…車いすダブルス

 13日のテニスのウィンブルドン選手権車いす部門で、女子ダブルスの上地結衣(エイベックス)、ディーデ・デフロート(オランダ)組は初戦の準決勝を戦い、独、南アフリカのペアを6―0、6―0で破った。男子ダブルスの国枝慎吾(ユニクロ)、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)組は初戦で敗退。女子シングルス準決勝は上地がアニク・ファンクート(オランダ)に6―1、4―6、6―7で敗れた。上地は芝コートでの車いすの操作と特有のバウンドに苦慮しているが、「スライスをもっと打っていきたい」と課題を挙げた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索