「スイッチの入れ時」フィギュア宇野、米で合宿

 【バーノンヒルズ(米イリノイ州)=三室学】平昌五輪フィギュアスケート男子銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が11日、米シカゴ近郊のイリノイ州バーノンヒルズで行っている合宿を報道陣に公開した。

 今季初戦のロンバルディア杯(9月12〜16日・イタリア)を約1か月後に控え、「シーズンに入るスイッチの入れ時と思って来ている」と宇野。今季のプログラムに取り入れている4回転サルコーなど、ジャンプを中心に練習した。

 午後にはフリーの「月光」、ショートプログラムの「天国への階段」を連続で滑るなど、ハードな内容もあり、「試合で疲れた時にこういう練習が生きてくれたら」と、何度も転倒しながら精力的。「今シーズンは少しでも自分が満足いく試合が多いといい」と抱負を語った。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索