済美、延長十三回に大会初の逆転サヨナラ満塁弾

 第100回全国高校野球選手権(12日)――2回戦4試合が行われ、今大会2度目のタイブレイク制が適用された星稜(石川)―済美(愛媛)は、延長十三回に大会史上初となる逆転サヨナラ満塁本塁打で済美が勝利を手にした。二松学舎大付(東東京)は広陵(広島)との接戦を制して初戦を突破。浦和学院(南埼玉)は仙台育英(宮城)を投打に圧倒し、高知商(高知)は序盤に大量点を奪って慶応(北神奈川)に大勝した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索