国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ東京大会調整委員長は14日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大について、「大会の中止や延期の必要はないと、世界保健機関(WHO)に言われている。日本政府は適切に対応しており、信頼している」と述べた。

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と五輪の準備状況を話し合う2日間の事務折衝後に記者会見したコーツ氏は、日本政府が外国人の入国拒否地域の対象とする中国・湖北省と浙江省以外については「選手や観客を拒む理由はない」と述べ、日本政府の方針に沿って対処する考えを示した。

 組織委の森喜朗会長は「IOCなどと定期的に情報交換できる枠組みを作った。安全で安心な大会となるよう必要な対策を講じていく」と話した。