米プロバスケットボール協会(NBA)のオールスター戦を2日後に控えた14日、若手選手による対抗戦「ライジング・スターズ・チャレンジ」がシカゴで行われ、ウィザーズの八村が「世界選抜」チームの一員として先発出場した。約20分のプレーで14得点、7リバウンド、4アシストをマークした。1、2年目の選手を「米国選抜」と「世界選抜」に分け、1994年からオールスター期間中に行われている試合で、日本人の出場は初めて。試合は米国選抜が151―131で勝った。