東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権20キロ競歩(16日)の記者会見が15日、神戸市内であり、男子5連覇中の高橋英輝(富士通)は「とにかく東京五輪代表になりたいという思いを、6連覇より強く持っている」と意気込んだ。

 日本陸連が定める派遣設定記録を突破した選手が、今大会の日本人最上位に入れば代表に内定する。

 昨年の世界選手権6位の池田向希(東洋大)は「自分ができる最大限の力を発揮すれば、結果はついてくる」と話し、女子6連覇がかかる岡田久美子(ビックカメラ)は「しっかり優勝し、代表に内定することを第一に考えたい」と語った。