【ロンドン=岡田浩幸】テニスの四大大会の一つ、ウィンブルドン選手権の主催団体は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、6月29日〜7月12日に英ウィンブルドンで開催予定の同選手権について、延期や中止を含めた対応を検討すると発表した。近日中に関係者による緊急会合を開くという。

 5月24日〜6月7日にパリで開催予定だった全仏オープンは、9月20日〜10月4日に延期することがすでに発表されている。