プロ野球・阪神タイガースは27日、藤浪晋太郎投手(25)と伊藤隼太選手(30)、長坂拳弥選手(25)が、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査で、陽性と判定されたと発表した。

 3人は今月中旬に食事を共にしており、嗅覚や味覚に異常があったため、いずれも26日に検査を受け、深夜に陽性が確認された。

 球団によると、藤浪投手は数日前から「コーヒーやワインのにおいを感じない」と異常を訴え、24日に兵庫県内の二つの病院で治療を受けた。25日も症状が改善されなかったため別の病院を受診。嗅覚や味覚の異常は感染者の一部に見られる症状で、医師から検査をすすめられた。26日にPCR検査を行い、深夜に陽性が確認された。他の2人も、「みそ汁の味がしない」などと訴えて検査を受け、陽性が判明した。

 3人とも発熱やせきなどの症状はなく、藤浪投手と伊藤選手は嗅覚も改善しているが、長坂選手は味覚と嗅覚の異常が残っているという。3人は27日、大阪、兵庫両府県の病院に入院した。

 球団は、26日に予定していた福岡ソフトバンクホークスとの二軍の練習試合を中止し、27日からの広島東洋カープの二軍との3連戦も取りやめた。本拠地の甲子園球場内のロッカーやベンチ、球団の選手寮の消毒作業を実施。藤浪投手ら以外にも、選手寮で生活する若手選手らは別の施設に分散させて待機させるとともに、全選手に球団施設で練習をしないよう指示した。

 新型コロナウイルスの患者に嗅覚と味覚の異常があるとの指摘は、海外の医師から相次いでいる。

 英国鼻科学会や関連団体は21日に声明を発表。韓国、中国、イタリア、ドイツなどから嗅覚や味覚の異常を訴える患者の報告があることを踏まえ、「他の症状がなくても、においを感じない症状があれば感染の可能性を疑うべきだ」としている。

 普通の風邪でも鼻や喉の粘膜が荒れると、痛みや腫れが出て、においや味を感じにくくなる。国立病院機構三重病院の谷口清州・臨床研究部長(感染症疫学)は「新型ウイルスの感染に特徴的な症状かどうか、現段階では何とも言えない」と話す。

 大阪はびきの医療センター(大阪府羽曳野市)の橋本章司・臨床研究センター長は十数人を治療し、40歳代の女性が入院中に「味やにおいが変だ」と訴えたという。「花粉症などの症状と区別しにくいが、患者にとって経験がない感覚で、発熱などを伴えば、受診を考えてもよいのではないか」と話している。

 世界保健機関(WHO)は23日の記者会見で、「初期の症状と言えるか更に多くの調査が必要で、各国と連携して調査を進める」としている。