米大リーグは28日、今季の公式戦出場資格を持つ60選手の登録期限を迎え、エンゼルスの大谷、ヤンキースの田中らが名を連ねた。新型コロナウイルスの感染拡大による特例制度で、登録選手は7月に再開されるキャンプに参加し、同下旬の開幕時には30人に絞り込まれる。メンバーは開幕の2週間後に28人、4週間後に26人に減らされる。(ロサンゼルス 佐野司)