日本ラグビー協会は1日、トップリーグに代わる新リーグについて、25チームから参入の申し込みがあったと明らかにした。3部制で2022年1月スタートを目指す。

 新リーグ法人準備室長を務める谷口真由美理事によると、申込期限の6月26日までにトップリーグ(16チーム)と下部のトップチャレンジリーグ(8チーム)、トップキュウシュウ(九州)リーグの中国電力の計25チームが参加を申し込んだ。1〜3部の構成チーム数を年内に決め、来年1〜5月に開催予定のトップリーグ後に、その成績を加味して各部へ振り分けるという。

 2年目から25チーム以外の新規参入を受け付けるとしている。谷口理事は「(大差がつく)ミスマッチが起きないようなリーグ構成にしたい。強化面だけでなく、財務状況も見ていきたい」と話した。

 当初は21年秋のスタートを目指していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月末で一度締め切った参加希望チームの申込期限を延長していた。