空母「カール・ビンソン」で米戦闘機が着艦事故

 【ワシントン=黒見周平】米軍は21日、北朝鮮への圧力強化の一環で朝鮮半島周辺海域に向け航行中の米原子力空母「カール・ビンソン」で、FA18戦闘機が着艦しようとした際に事故が起きたと発表した。

 墜落したとみられるが、パイロットは無事だとしている。日時など詳細は公表されていない。ただ、事故当時、カール・ビンソンはフィリピン南部のセレベス海を航行していたという。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

21時09分更新

社会のニュースをもっと見る

20時40分更新

経済のニュースをもっと見る

19時56分更新

政治のニュースをもっと見る

20時51分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

19時37分更新

エンタメのニュースをもっと見る

20時21分更新

スポーツのニュースをもっと見る

20時44分更新

トレンドのニュースをもっと見る

05時59分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

15時00分更新

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索