中国、「燃える氷」試掘に初成功…南シナ海海底

 【北京=竹内誠一郎】中国が南シナ海北部の海底で、「燃える氷」と呼ばれ、次世代エネルギーとして注目される天然ガスの一種、メタンハイドレートの試験採掘に初めて成功した。

 中国国土資源省などが発表した。中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)と南シナ海での紛争防止に向けた枠組み作りで協議する中でも、海域で自国の資源確保を着実に推進する構えだ。

 試験採掘が行われたのは、中国本土から約300キロの水深1200メートルを超える海域で、今月10〜17日に計12万立方メートルを採掘した。日本や米国なども過去に採掘を試みているが、8日間連続で安定した採掘に成功したのは「世界初」(中国紙・人民日報)だという。2030年までに商業化を実現するとの予測もある。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

05時06分更新

社会のニュースをもっと見る

03時02分更新

経済のニュースをもっと見る

05時40分更新

政治のニュースをもっと見る

03時01分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

02時31分更新

エンタメのニュースをもっと見る

05時30分更新

スポーツのニュースをもっと見る

19時49分更新

トレンドのニュースをもっと見る

21時48分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時41分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索