宣伝放送の中止など焦点か…北に軍事会談を提案

 【ソウル=宮崎健雄】韓国の 文在寅 ムンジェイン 政権は17日、北朝鮮に対し、敵対行為の中止を協議する軍事当局者会談を21日に軍事境界線上にある 板門店 パンムンジョム で行うよう提案した。

 8月1日に南北離散家族の再会行事開催に向けた赤十字会談を、板門店の韓国側にある「平和の家」で開催することも求めた。北朝鮮が応じるかは不明だ。

 韓国国防省などが発表した。会談の要請は、文氏が6日にベルリンで行った演説で明らかにした北朝鮮政策の基本方針を受けた措置だ。文氏は朝鮮戦争休戦から64年になる今月27日を機に、双方が軍事境界線での敵対行為を中止するよう求めた。韓国軍が北朝鮮の核実験を受け、2016年1月から再開した拡声機による宣伝放送の中止などが焦点になるとみられる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索