白人主義団体と反対派衝突…車突っ込み1人死亡

 【ニューヨーク=吉池亮】米南部バージニア州シャーロッツビルで12日、デモのために集まった白人至上主義を掲げる複数の団体のメンバーと反対する市民グループが衝突した。

 反対派グループの列に、乗用車が突っ込むなどして1人が死亡し、少なくとも34人が負傷した。

 12日のデモには、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」やネオナチ団体が集結。一部が暴徒化したため、州知事が非常事態を宣言し、解散させられていた。

 車が暴走したのはデモ解散の決定直後で、車を運転していたとみられる20歳の男が、女性(34)を死なせ19人を負傷させた疑いで警察に拘束された。男は中西部オハイオ州からデモに来ていた。デモ解散の腹いせで車を暴走させた疑いもあるとして、連邦捜査局(FBI)はヘイトクライム(憎悪犯罪)などの適用も視野に捜査に乗り出した。デモ参加者と反対する市民との間で激しいもみ合いも起き少なくとも15人が負傷した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索