一部市民が撤去要求、NYのコロンブス像存続へ

 【ニューヨーク=橋本潤也】マンハッタン中心部に立つ15世紀の探検家クリストファー・コロンブスの像が撤去を免れ、存続することが決まった。

 コロンブスが先住民を抑圧した史実を踏まえ、一部市民が撤去を求めていたが、ニューヨーク市のデブラシオ市長が12日、検討の結果として撤去しない方針を発表した。

 像は1892年に「新大陸発見400年」を記念して建てられた。セントラルパーク南西部にあり、観光名所にもなっている。

 コロンブスは西欧社会では長く米大陸の「発見者」とされてきたが、米国内には先住民を中心に複雑な感情を持つ人も少なくない。市は近隣に像の意義を説明する標識を立てるほか、先住民に関する記念碑の新設も検討するという。

 市長は声明で「撤去ではなく歴史の詳細を加える方法を採る。公共の場ではニューヨークの多様性を反映させる努力をする」と宣言した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索