素行問題で退学処分の元生徒、銃乱射は計画的?

 【ニューヨーク=吉池亮】米南部フロリダ州パークランドで14日午後(日本時間15日未明)、高校の校内に侵入した19歳の男が銃を乱射する事件があり、地元警察当局の発表では生徒ら少なくとも17人が死亡した。

 容疑者はガスマスクをかぶって発煙筒も所持しており、連邦捜査局(FBI)は計画的な犯行だった可能性があるとみて調べている。

 地元警察当局の発表によると、犯人のニコラス・クルーズ容疑者は事件の約1時間後、現場から数キロ離れた隣町で警察に身柄を拘束された。乱射後、生徒たちに紛れて校外に出たとみられている。拘束の際、抵抗はしなかったという。

 クルーズ容疑者は襲撃した高校の元生徒で、素行問題から退学処分を受けていたという。米メディアの報道によると、この日午後2時半頃、ガスマスクを装着して校内に侵入し、教室などをまわって自動小銃を乱射した。CNNテレビなどは、同容疑者が火災報知機を作動させ、生徒が校外に逃げるところを狙撃したと報じている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索