【台北=杉山祐之】台湾の中央通信によると、14日午後、台湾中部の南投県埔里で、パラグライダーが山林に墜落し、操縦していた79歳の日本人男性が死亡した。目撃者は、空中で突然、グライダーから男性が落ちたと話している。男性は日本でパラグライダーのライセンスを持ち、今月10日、装備を持ち込んで台湾入りしたという。