【ワシントン=蒔田一彦】米国のポンペオ国務長官は29日、香港への米国製の防衛装備品の輸出を停止し、軍事転用可能な技術の輸出についても中国本土と同じ規制をかけると発表した。中国による国家安全法制度の導入を受けた対抗措置の一環だ。

 ポンペオ氏は29日の声明で、「米国の安全保障を守るためだ。こうした製品が中国軍の手に渡る危険を冒すことはできない」と説明した。声明では「中国が香港を『一国一制度』として扱うならば、我々もそうせざるを得ない」とも強調した。

 トランプ大統領は5月、中国への対抗措置として、香港に適用してきた様々な優遇措置の撤廃に向けた手続きを開始すると述べていた。トランプ政権は、今後の状況に応じて追加の措置を取る構えだ。