【ソウル聯合ニュース】世界で活躍する韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)のアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」(2019年4月発売)が、音楽業界団体の国際レコード産業連盟(IFPI)が発表した2019年の「グローバル・アルバム・チャート」で3位を記録した。

 IFPIは同アルバムについて「自信がありジャンルを超えたサウンドで評論家から好評を得た。世界的にヒットした」と評価した。韓国だけでなく米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドでもトップに立ったと紹介した。

 1位は嵐の「5×20 All the BEST!! 1999−2019」、2位はテイラー・スウィフトの「Lover」だった。

 IFPIは毎年、全世界のフィジカルアルバムとデジタルアルバムの売り上げを合算し、同チャートを発表する。前年はBTSのアルバム「LOVE YOURSELF 結 ''Answer''」と「LOVE YOURSELF 轉 ''Tear'' 」がそれぞれ2、3位を占めた。

 また、BTSはIFPIが先ごろ公表した「グローバル・アーティスト・チャート2019」の7位にランクインした。