【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所、ビッグヒットエンターテインメントは23日、世界のファンが言葉の壁を越えてK―POPを楽しめるよう、韓国語学習コンテンツをリリースすると発表した。

 

 このコンテンツ「Learn Korean with BTS」は、ファンコミュニティーアプリ「Weverse」で24日午後2時に公開される。

 これまでに公開された「Run BTS! 」「BANGTAN BOMB」「BTS Episode」などのコンテンツを再構成し、メンバーが実際によく使う表現を聞いて発音しながら韓国語に自然に親しめるようにした。

 各映像には簡単な韓国語の文法や表現だけでなく、韓国文化に関する内容も盛り込んだ。

 カリキュラムの開発と監修には、韓国外国語大韓国語教育科の許龍(ホ・ヨン)教授と韓国語コンテンツ研究所(KOLCI)の研究陣が参加。体系的な学習が可能なように構成した。

 24日に公開される3本のエピソードを皮切りに、1本当たり3分前後の「ショートコンテンツ」計30本が毎週月曜午後9時に1本ずつ「Weverse」で公開され、同アプリの利用者なら誰でも無料で視聴できる。

 ビッグヒットエンターテインメントは「最近K―POPをはじめ、韓国文化コンテンツの人気により韓国語を学ぼうとする需要が大きく増加しており、K―POPコンテンツにアクセスしやすくしようと韓国語教育コンテンツを企画することになった」と説明した。 

 また「韓国語学習を通じて世界のファンがアーティストの音楽により深く共感し、多様なコンテンツを楽しめるようになることを願う」とし、「今後さらに多彩な韓国語教育コンテンツを発表し、ビッグヒットに所属するさまざまなアーティストにも拡大する計画だ」と明らかにした。