【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が11日、7人のメンバー全員が集まってニューアルバムのコンセプトなどを話し合う会議の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネル「BANGTANTV」でライブ配信した。所属事務所によると、最大同時視聴者数は31万人を記録したという。

 メンバーらはアルバムのテーマや構成、音楽スタイルなどについて、リラックスした雰囲気で意見を交わした。「Carry On」(進み続ける)といった複数のキーワードを取り上げながら、新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ人々にどんなメッセージを伝えるべきかを話し合った。BTS自身も、新型コロナの影響でワールドツアーの全日程が白紙になるなどしている。

 リーダーのRM(アールエム)は「外で何が起きようとも人々の暮らしは続いていくという話をしたい。僕たちがどうやって日常を維持しているのかをみせることが、一番必要なのでは」と語った。BTSのコンサート中止を悲しむ人が多いとしながら、「言葉にしなくても僕たちの真心が全て伝わったらどんなにいいだろう」と話し、「テレパシー」というキーワードを挙げた。

 SUGA(シュガ)は「(ニューアルバムの)キーワードは手紙になればいい。曲そのものが手紙になり、いろいろな話を書けば面白そうだ」と提案した。

 ほかにも、メンバーからは「共感」をテーマにした曲作りや、ストレスを払拭(ふっしょく)するような曲を入れるといったアイデアが出された。

 BTSは最近、新型コロナによる活動の空白期にニューアルバムを構想する様子をライブ配信している。結果としての作品だけではなく制作作業の過程そのものをファンに見せることは、新たなオンラインコミュニケーションの試みといえる。