【ソウル聯合ニュース】韓国人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)の新曲「How You Like That」が、音楽配信最大手・スポティファイの28日(米現地時間)付の「グローバルトップ50」チャートでK―POPアーティストとして最高の2位にランクインした。所属事務所が伝えた。

 「How You Like That」はBLACKPINKが9月に発売するファーストフルアルバムの収録曲で、今月26日に先行公開された。

 グローバルトップ50は、世界でリリースされた楽曲の中から1日のストリーミング再生数を基に順位を算出するチャート。BLACKPINKは今回、昨年に「KILL THIS LOVE」で打ち立てた自己ベスト(5位)を更新した。人気男性グループのBTS(防弾少年団)が「Boy With Luv」で獲得した同チャートのK―POPアーティスト過去最高順位(3位)よりも1ランク高い。

 「How You Like That」は、米国での再生数を基に算出したスポティファイの「米国トップ50」チャートでも8位に入った。BLACKPINKがコラボ曲ではない楽曲で同チャートのトップ10に入ったのは初めてとなる。

 BLACKPINKが26日に開催したオンライン記者懇談会で、メンバーのジスは「今回の曲を通じて肯定的で希望的なメッセージを伝えたかった。暗く難しい状況に屈せず、再び立ち上がる力と自信を失わないようにしようとする気持ちを込めて歌った」と同曲を紹介していた。