韓国代表のユニホーム 4分の1が日本製=国会議員「国産品優先を」

韓国代表のユニホーム 4分の1が日本製=国会議員「国産品優先を」

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会文化体育観光委員会に所属する金栄珠(キム・ヨンジュ)議員(与党・共に民主党)が大韓体育会(韓国オリンピック委員会)から提出を受けた資料などによると、ユニホームを持つ40競技の韓国代表のうち10競技が日本製を使っている。

 野球やバドミントン、バレーボール、テニスなどの韓国代表がアシックスやヨネックス、デサントなどの日本製ユニホームを使用しているという。米国製がバスケットボールやレスリング、サッカーなど14競技で最も多い。韓国製は重量挙げやアーチェリーなど11競技。

 各競技団体はスポンサーの意思を示したメーカーと契約条件などを詰めて代表チームのユニホームにするかどうかを決めている。

 金氏は、多くの韓国メーカーが外国製に見劣りしない品質のユニホームをつくると指摘した上で、選手の意見などを十分に反映しなかればならないが日本製や米国製よりも優先して国産の使用を検討すべきだと主張した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る