【ランシット聯合ニュース】サッカー男子の東京五輪最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権(タイ)に出場している韓国は15日、タイ・ランシットで行われた1次リーグC組の最終戦でウズベキスタンを2―1で下した。中国とイランを破った韓国は3戦全勝の同組1位で8チームによる決勝トーナメントに進む。

 韓国は前半5分、MFチョン・スンウォンが放ったボールがFWオ・セフンの体に当たってネットに吸い込まれた。同21分に同点に追いつかれたが、後半26分にオが左足で決勝ゴールを決めた。

 韓国は9大会連続の五輪出場を目指す。19日に決勝トーナメント初戦に臨む。