映画「軍艦島」取り上げ核開発の正当性主張=北朝鮮メディア

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮のインターネットメディア「メアリ」は3日、韓国映画「軍艦島」(原題)のヒットを取り上げ、核兵器開発の正当性を主張する詭弁(きべん)を弄(ろう)した。

 同メディアは「軍艦島」が成功した背景として、「犯罪的な過去を否定し、軍国主義の復活に走る日本に対する民族の怒りと直結している」と主張。「今日の朝鮮半島の平和と民族の安寧に対する物理的な担保は共和国(北朝鮮)の自衛的な核の抑止力」だと訴えた。

 また、「北と南が一つになり、外国勢力の侵略策動を断固として粉砕しなければならない」とした上で、核開発の正当性を重ねて主張した。

 映画「軍艦島」は、日本による植民地時代に端島炭坑(長崎市)に強制徴用された朝鮮人が命がけで島を脱出しようとする姿を描いた作品。公開8日目となる今月2日に観客500万人を突破するヒットを記録している。

関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索