河野外相に「意思疎通し問題解決を」 韓国外交部長官

河野外相に「意思疎通し問題解決を」 韓国外交部長官

【マニラ聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と河野太郎外相は7日、フィリピンの首都マニラで会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応などについて議論した。両氏が会談を行うのは初めて。

 康長官は「北の核とミサイル挑発が高度化している中、(韓国と日本が)頻繁に意思疎通することが極めて役立つと思う」と表明。その上で、「両国間には難しい問題があるが、互いに知恵を集め協議しながら解決していくことを望む」と述べた。旧日本軍の慰安婦問題を巡る合意に対する両国の立場の溝を間接的に取り上げたものとみられる。

 これに対し、河野外相は韓国は戦略的な利益を共有する最も大切な隣国との認識を示し、幅広い分野で協力して新しい時代の両国関係を構築していく姿勢を表明した。また、喫緊の課題である北朝鮮問題で両国、そして米国を交えた3カ国の連携強化に期待を示した。

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索