THAAD巡る中国の立場は「本末転倒」 韓国外相が批判

THAAD巡る中国の立場は「本末転倒」 韓国外相が批判

【マニラ聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は8日、中国の王毅外相と6日に行った会談と関連し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対する中国の基本立場は「本末転倒なものだった」と批判した。韓国を配備に向かわせたのは北朝鮮の挑発だとの認識を示し、「国益と防衛的必要に基づき国民を保護するという韓国の立場を細かく(中国に)説明した」と伝えた。東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)のため訪れたフィリピン・マニラで開いた韓国メディア向けの会見で発言した。

 王氏は会談で、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイルを先月2回発射したことを受けて韓国政府がTHAADの発射台4基の追加臨時配備を決定したことに対し「改善されつつある両国関係に冷や水を浴びせるもの」と遺憾を表明していた。

 康氏は一方、THAAD配備を巡る韓国企業に対する経済報復の撤回を王氏に求めなかったことについては、「そうした問題は時間がなく提起できなかった」と伝えた。

関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索