日本で働く韓国人4万8千人 8年で2.3倍に

日本で働く韓国人4万8千人 8年で2.3倍に

【ソウル聯合ニュース】日本で働く韓国人は昨年約4万8000人と、8年前の2.3倍に増えたことが分かった。技術や国際業務分野に携わる人が多い。

 韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院が10日発表した報告書によると、日本で働く外国人は2008年の48万6000人から16年は108万4000人と2倍以上に増えた。外国人雇用の届け出に基づく日本厚生労働省のデータを引用した。

 報告書は、日本企業が人手不足を補うため外国人を採用しているとした。優れた人材の確保に対する関心が高いという。外国人の在留資格をみると、「技術・人文知識・国際業務」が09年の7万1000人から16年には14万9000人に増加した。

 日本で働く韓国人は16年に4万8121人と、08年の2万661人の2.3倍だった。昨年は37.1%が技術・人文知識・国際業務に従事した。6.4%は専門分野で働いた。

 報告書は「優れた人材の日本への流出が増えており、これに対する適切な戦略作りが必要だ」と指摘。民間部門の良質な雇用創出に向け政策的な支援を強化し、IT分野などで高度な技術を持つ人材の育成に注力することを提言した。

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索