朴槿恵政権 セウォル号事故当時の報告日誌を捏造=韓国大統領府

朴槿恵政権 セウォル号事故当時の報告日誌を捏造=韓国大統領府

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は12日、朴槿恵(パク・クネ)前政権が2014年4月に発生した旅客船セウォル号沈没事故当時、報告日誌を後になって捏造(ねつぞう)した内容を含むファイルが見つかったと発表した。

 事故に関する最初の報告は当日の午前9時半に行われたが、後に10時に変更したという。また、国家危機管理の基本指針を不法に変更した資料も見つかった。

 青瓦台は真相解明のため、捜査を依頼するとしている。

関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索