慰安婦資料 ユネスコ記憶遺産登録の初審査へ=韓日が外交総力戦

慰安婦資料 ユネスコ記憶遺産登録の初審査へ=韓日が外交総力戦

【パリ聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」(記憶遺産)への登録を決める初の審査を前に、韓国や日本など関係国の間で、激しい外交戦が繰り広げられている。

 ユネスコで記憶遺産の登録審査を行う国際諮問委員会(IAC)は24〜27日、慰安婦資料など約130件の登録審査を行う。

 対象には韓国や中国など8カ国・地域の14市民団体が申請した慰安婦関連資料2744件が含まれている。今回が初の審査となる。

 記憶遺産の登録はIACの勧告を踏まえ、ユネスコ事務局長が最終決定することになっている。

 韓国はこの流れで記憶遺産に登録されることが「最上のシナリオ」とみている。今回の審査で登録勧告が合意に至るよう、最大限の説得と広報を行う計画を立てた。また、IACへの説得とは別途に、ボコバ事務局長に任期内に記憶遺産の登録問題を完了するよう求めている。

 しかし、日本政府は分担金の拠出を留保し、ユネスコへの圧力を強めており、状況は芳しくない。

 日本はユネスコ予算の分担金の約10%を占めている。先ごろユネスコからの脱退を表明した米国が最多の分担率だが、2011年から分担金の拠出を停止しており、日本は実質最大の分担金拠出国としてユネスコの活動を支えている。日本が10月現在まで分担金を支払っていないのは、慰安婦関連資料の登録反対に向けた「圧力」との見方が多い。

 ボコバ事務局長は来月14日に任期満了となる。任期が1カ月も残っていない状況で、ボコバ氏がどのような判断を下すかは未知数だ。ボコバ氏が決定を見送れば、次期事務局長に決まっているフランスのオードレ・アズレ前文化相の判断に委ねられることになる。

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索