韓国 きょうのニュース(4月23日)

韓国 きょうのニュース(4月23日)

◇南北首脳 27日午前に対面=歓迎式・夕食会も

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が27日午前に初対面し、歓迎式や夕食会を開催するなど、首脳会談の詳細について南北が最終合意した。

◇文大統領 北朝鮮の「核凍結」を高く評価

 文大統領は首席秘書官・補佐官会議で、北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を中止し北東部・豊渓里の核実験場を廃棄すると発表したことについて、「南北・北米(米朝)首脳会談を控え、北の誠意ある措置として高く評価する」と述べた。

◇経営難・韓国GMの労使が合意 立て直しへ

 米ゼネラル・モーターズ(GM)の韓国法人、韓国GMの労使は2018年の賃金・団体交渉を行い、暫定合意した。GMは23日までに交渉がまとまらない場合、法定管理(会社更正法に相当)の適用を申請するとしていた。交渉が合意したことで韓国GMは経営の立て直しを進めることになる。

◇大韓航空本社など捜索 創業家一族の「密輸」容疑で=韓国関税庁

 大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの創業家一族が海外で購入した私物を韓国に持ち込む際に関税を支払っていないとの疑惑を調べている韓国の関税庁は大韓航空本社などを家宅捜索した。家宅捜索は21日に続き2回目となる。

◇与党党員のネット世論操作 野党3党が特別検察捜査要求へ

 与党「共に民主党」国会議員の関与が取り沙汰されている同党党員によるインターネット上での世論操作事件を巡り、「自由韓国党」と「正しい未来党」「民主平和党」の野党3党は政府から独立して活動する特別検察官による捜査を求める法案を国会に提出することで合意した。野党3党は捜査が受け入れられれば国会を正常化するとしており、法案の提出は空転が続く国会の行方を左右する分水嶺(れい)となりそうだ。

◇女子ゴルフ 朴仁妃が2年半ぶり世界ランク1位へ

 女子ゴルフの23日付最新世界ランキングで、韓国の朴仁妃(パク・インビ、29)が3位から1位にランクアップする見通しだ。15年10月以来、2年半ぶりの首位返り咲きとなる。米女子ゴルフのヒューゲルJTBCオープンは23日(日本時間)、米ロサンゼルスのウィルシャーCC(パー71)で最終ラウンドを行い、68で回った朴は通算10アンダー、274で2位タイとなった。世界ランク1位のフォン・シャンシャン(中国)はこの大会で12位にとどまったことから、朴がランクトップに立つ。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索