北朝鮮 韓国に揺さぶり「再対話、容易でない」

北朝鮮 韓国に揺さぶり「再対話、容易でない」

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は17日、開催予定日に一方的に中止を通告した16日の南北閣僚級会談について、「(韓国側が)深刻な事態を解決しない限り、再対話は容易でない」との立場をメディアを通じて伝えた。

 同会談で北朝鮮側の団長を務める予定だった李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長が朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で立場を表明した。

 李氏は韓国で11日から実施されている韓米合同の定例航空戦闘訓練「マックスサンダー」を会談中止の理由に改めて挙げ、「今後の北南関係の方向性は南朝鮮当局の行動にかかっている」と韓国を揺さぶった。

 会談中止を受けて韓国側が「遺憾」を表明し、会談の早期開催を求める内容の通知文を送ったことについても言及。「悪ふざけ」をやめ、会談を取りやめた意味をしっかりと考えて収拾策を講じるよう要求した。

関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索