南北 7月平壌でバスケ大会開催=秋はソウルで

南北 7月平壌でバスケ大会開催=秋はソウルで

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は18日、板門店の韓国側施設「平和の家」でスポーツ当局会談を開催し、1972年7月4日に南北共同声明が発表されたことを記念し、同日に合わせて平壌で南北統一バスケットボール大会を開催することで合意した。韓国文化体育観光部が発表した。秋にはソウルで大会を開催するという。

 平壌での大会には韓国側から男女の選手団が派遣される予定だ。

 韓国側の首席代表を務めた大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の全忠烈(チョン・チュンリョル)事務総長は記者会見で、「試合は7月3〜6日の間に開催することで合意し、具体的な日取りは決めていない」と明らかにした。また、「選手やスタッフ約50人に支援団など計100人規模の選手団を派遣する」と述べた。

 南北統一バスケット大会は今回が4回目で、15年ぶりとなる。前回は2003年10月、平壌で開かれた。

 また、南北は8月にインドネシアで開催されるアジア大会に合同で参加するための細部案についても合意した。開会式と閉会式に合同で入場し、名称はKOREA、略式表記はCORに、旗は朝鮮半島旗で、歌はアリランにすることにし、一部の競技で合同チームを結成して参加することにした。

 全氏は「アジア大会で使う朝鮮半島旗には独島を表記し、OCA(アジア・オリンピック評議会)に提出することを議論した」と述べた。

 アジア大会への合同参加は4月27日の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に含まれており、国際スポーツ大会で11回目の合同入場となる。

 南北は今後開催される国際試合にも共同で参加するなど、スポーツ交流を活性化することにした。

 今回のスポーツ当局会談は午前10時から午後6時まで行われた。

 韓国側は全氏をはじめ、統一部交流協力局社会文化交流課の金錫圭(キム・ソクキュ)課長、文化体育観光部体育局国際体育課のイ・ヘドン課長が出席。北朝鮮側は元吉宇(ウォン・ギルウ)体育省次官を団長とし、パク・チョンチョン体育省局長、ホン・シゴン祖国平和統一委員会部長が出席した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索