野党幹部・魯会燦氏が飛び降り自殺か 遺書らしき書き置きも=韓国

野党幹部・魯会燦氏が飛び降り自殺か 遺書らしき書き置きも=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国の警察によると、23日午前9時40分ごろ、進歩(革新)系野党・正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表がソウル市内のマンションの入り口脇で倒れて死亡しているのを警備員が見つけ、警察に通報した。警察はこのマンションの17階と18階の間の階段で魯氏の上着を見つけた。中には身分証入りの財布や名刺、遺書とみられる書き置きがあった。

 魯氏は、インターネット世論操作疑惑で捜査対象となっている進歩系与党・共に民主党の元党員(起訴済み)から政治資金を受け取った疑いがもたれている。書き置きは「事件に関連し金銭を受けった事実はあるが、口利き依頼とは関係がない。家族にすまない」という趣旨だったとされる。

 警察は魯氏が事件とのかかわりを悲観し飛び降り自殺を図った可能性を念頭に、詳しい経緯を調べている。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索