韓国日本学会の新会長に金煥基氏 東国大教授

韓国日本学会の新会長に金煥基氏 東国大教授

【ソウル聯合ニュース】韓国・東国大は19日、1973年に設立された韓国最初の日本研究学会、韓国日本学会の第24代会長に同大の金煥基(キム・ファンギ)教授(日本学科)が選出されたと発表した。任期は来月から2021年2月まで。金氏は現在、東国大日本学研究所の所長と韓国日本学会の副会長を務めている。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索