きょう対政府質疑最終日 教育・社会・文化分野=韓国国会

きょう対政府質疑最終日 教育・社会・文化分野=韓国国会

 【ソウル聯合ニュース】韓国国会は22日午後に本会議を開き、教育、社会、文化分野で対政府質疑を行う。李洛淵(イ・ナクヨン)首相をはじめ閣僚が答弁に立つ。

 微小粒子状物質(PM2.5)対策や幼稚園の公共性強化、4大河川の堰撤去問題、「脱原発」を掲げるエネルギー転換政策、国民年金制度の改革などが争点に挙げられる。ソウル市内のクラブの事件から浮上した芸能界と警察の癒着疑惑も取り上げられる見通しだ。

 対政府質疑はこの日が最終日となる。国会は19日に政治分野、20日に外交、統一、安全保障分野、21日に経済分野で質疑を行ってきた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索