現代自動車の営業益21%増 SUVで収益性改善=1〜3月

現代自動車の営業益21%増 SUVで収益性改善=1〜3月

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が24日発表した1〜3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比21.1%増の8249億ウォン、売上高は同6.9%増の23兆9871億ウォンだった。営業利益の売上高に対する割合を示す営業利益率は3.4%で前年同期比0.4ポイント上昇した。完成車の販売台数は減ったもののスポーツタイプ多目的車(SUV)の販売が増加し、収益性が改善した。

 同社の1〜3月期の世界販売台数(卸売りベース)は前年同期比2.7%減の102万1377台だった。国内販売は18万3957台で8.7%増加した一方、海外販売は83万7420台で4.9%減少した。

 中でも、中国販売は13万1000台で19.4%急減。同社は販売減で稼働率が落ちた北京第1工場の操業中断を決定している。

 また、海外最大市場である北米での販売も2.5%減の19万8000台と20万台を割り込んだ。インド市場での販売は3.4%減の13万3000台だった。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索