ユチョン被告に懲役1年6か月求刑 覚せい剤使用=韓国検察

ユチョン被告に懲役1年6か月求刑 覚せい剤使用=韓国検察

 【水原聯合ニュース】覚せい剤を使用したとして麻薬類管理に関する法律違反の罪で起訴された韓国の歌手兼俳優、パク・ユチョン被告(33)の初公判が14日、水原地裁で開かれ、検察はパク被告に懲役1年6か月、追徴金140万ウォン(約12万8000円)を求刑した。

 

 パク被告側は、「深く反省している」としながら「(薬物を使用した)行為についてざんきの念に堪えず、恥ずかしい心情だ」と述べた。

 公判中の被告が身につける黄土色の服に金髪姿のパク被告は公判の間、深くうなだれた様子だった。

 パク被告は今年2〜3月、大手乳業会社・南陽乳業創業者の孫で、元交際相手のファン・ハナ被告(公判中)と3回にわたり覚せい剤1.5グラムを購入し、6回に分けて使用した罪などで起訴された。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索