韓国 けさのニュース(6月24日)

韓国 けさのニュース(6月24日)

◇ポンペオ氏「近く米朝交渉再開の可能性」 トランプ氏親書

 ポンペオ米国務長官は、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に送った親書が米朝交渉再開の基礎になることを願うと述べた。ロイター通信が23日(米東部時間)、報じた。ポンペオ氏は北朝鮮の反応から、近く米朝実務交渉が再開されるかどうかについても「かなり高い可能性」があると言及し、米国はすぐに交渉を再開する用意ができていると明らかにした。

◇補正予算案巡る施政方針演説 与野党合意で実施なるか

 韓国国会は24日午後に臨時国会の最初の本会議を開催し、政府が提出した補正予算案について李洛淵(イ・ナクヨン)首相が施政演説を行う。最大野党「自由韓国党」を除く与野党4党は20日に施政演説を聞く予定だったが、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は交渉団体間の合意を得て本会議を招集するために日程を延期していた。文氏は自身が提示した期限である24日午前までに与党「共に民主党」と自由韓国党が議事日程に最終合意できなければ、施政演説のための本会議を強行する方針だ。

◇夫が稼いで妻が家事 7割「同意せず」=韓国調査

 夫は外で金を稼ぎ、妻は家族の面倒を見るという、伝統的な夫婦の役割に対する国民の認識が変化していることが分かった。韓国保健社会研究院が発表した報告書によると、2018年6〜7月に全国の成人男女2000人を対象に行った「夫婦の性役割に対する認識」に関する調査の結果、「夫の仕事は金を稼ぐことで、妻の仕事は家庭と家族の面倒を見ることだ」との意見に68.8%が「同意しない」と答えた。

◇文大統領 朝鮮戦争参戦の韓国軍・国連軍有功者と昼食会

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は朝鮮戦争に参戦した韓国軍と国連軍の有功者を青瓦台(大統領府)に招き、昼食会を開催する。昼食会には参戦有功者約180人のほか、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官、皮宇鎮(ピ・ウジン)国家報勲処長(閣僚級)、朴漢基(パク・ハンギ)韓国軍合同参謀本部議長、在韓米軍のエイブラムス司令官など合計約200人が出席する。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索